磁気共鳴画像ベースの予測モデルは側頭葉てんかんの海馬硬化症を側方化する

要旨

  • 側頭葉てんかん側方化の予測モデルは、従来の磁気共鳴画像のコントラストで作動し、視覚的な放射線学的評価より正確である。

本研究の重要性

  • 磁気共鳴画像では側頭葉てんかん手術候補者の最大50%で海馬の病変を特定できない。本研究は、構造的磁気共鳴画像法を用いて側頭葉てんかんの海馬硬化症を側方化できる意思決定支援システムに関する初めての報告である。非侵襲的な意思決定支援を提供する先端的な画像解析は、側頭葉てんかんの侵襲的診断に関連する制限やリスクの一部を回避することができる。