実臨床研究により高齢脳卒中患者の血管内治療後転帰が明らかになる

新規研究により、80歳以上の虚血性脳卒中患者における血管内療法(EVT)後の臨床転帰(出血リスクも含む)について実用的な情報が明らかになった。