加齢に関連する機序:MSを治療するための新しいアプローチか。

生物学的加齢が神経損傷の有意な独立した寄与因子である可能性が分かり、加齢に関連する機序を標的にすることが多発性硬化症(MS)の有用な治療アプローチになる可能性があると研究者らは結論付けた。