neurodiem-image

抗PD-1療法によって脳転移の免疫微小環境が変化する

抗PD-1療法によるネオアジュバント療法によって脳転移(brain metastasis、BM)の免疫微小環境が再構築されると、研究者が述べている。

米国にあるカリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California Los Angeles)のLu Sun博士によると、ネオアジュバント抗PD-1療法の使用は、黒色腫及び非小細胞肺癌のBMの制御に有効であり、再発神経膠芽細胞腫(recurrent glioblastoma、rGBM)患者に中程度の効果があることが示されている。