アストロサイトが多発性硬化症の病因に寄与していると研究者が報告している

MSVirtual2020会議で発表されたデータによって、多発性硬化症(multiple sclerosis, MS)の発症及び進行でのアストロサイトの役割に関する洞察が得られた。

米国コネチカット州ニューヘイブンにあるイェール大学(Yale University)のDavid Pitt博士は、アストロサイトには複数の恒常性機能、調節機能及び構造機能があるが、MSでの役割は最近まで不明だったと述べた。

アストロサイトは当初、MSでは疾患での役割がほとんどない「バイスタンダー」細胞と考えられていた。しかし、現在アストロサイトは、血液脳関門機能を調節し、リンパ球を動員及び活性化し、MSの病因に寄与する可能性がある炎症誘発性神経毒性環境を促進することが示されている。

Ology Medical Educationは、自主的な医学教育のグローバルな提供者です。最適な患者ケアを支援する目的で、医療従事者の皆様に高品質で信頼性の高い医療情報を提供することを使命としています。過失その他により、あるいは情報媒体に記載された手法、製品、説明、若しくは理念を活用又は運用することにより生じた、いかなる人的若しくは物的な傷害及び/又は損傷についても、Ology Medical Educationは責任を負わないものとします。医学は急速に進歩しているため、Ology Medical Educationは診断及び薬物の投与量については自主的に検証することを推奨しています。記載されている見解は、Ology Medical Education又はスポンサーの見解が反映されたものではありません。Ology Medical Educationは、いかなる記載内容についても責任を負わないものとします。