特発性過眠症患者ではより重度の自律神経系障害を認める

新しいエビデンスは、自律神経系(ANS)障害の症状は特発性過眠症(IH)患者でより重度であることを示している。