バイオマーカーに基づくスコアは進行型多発性硬化症と再発寛解型多発性硬化症の判別に有用

新たな結果によって、脳脊髄液(CSF)中のニューロフィラメント軽鎖(NfL)濃度に対するグリア細胞マーカーレベルの割合に基づくスコアは、進行型多発性硬化症(PMS)と再発寛解型多発性硬化症(RRMS)の判別に有用である可能性が示唆された。