アルツハイマー病および認知症予測のための血液バイオマーカー:記憶障害クリニックベースの研究

要旨

  • リアルワールドの主観的認知愁訴(SCC)患者や軽度認知障害(MCI)患者において、ADおよび神経変性の血液バイオマーカーは、基礎病理と相関するが、5年認知症リスク予測モデルを改善することはほとんどない。

本研究の重要性

  • AD分類のための血液バイオマーカーは、臨床試験で広く使用され、一貫した結果が得られている。リアルワールドの患者集団における利用については、まだ検証されていない。

  • 本研究の結果は、さらなるバイオマーカー試験を臨床環境で実施するための患者選択を容易にする。