ニューロフィラメント軽鎖の血中濃度はSPMSにおける認知機能障害の悪化を予測する

新たな研究結果により、二次進行型MSにおいて、ニューロフィラメント軽鎖(NfL)の血中濃度が、認知機能低下の予測に役立つ可能性が確認された。