「ブレインヘルスチャンピオン」プログラムは認知機能障害患者においてプラスの効果がある。

AAN 2019で発表されたパイロット試験の結果は、薬物治療ではない健康コーチングシステムが、患者の福祉と生活の質(QoL)に対してプラスの影響を与える、効果的で安価な介入になる可能性を示唆した。