AIはパーキンソン病に関連する歩行障害の検出に役立つか

台湾の研究者によると、人工知能(artificial intelligence、AI)は、パーキンソン病(Parkinson’s disease、PD)に関連する歩行障害の検出に役立つ可能性がある。

台湾の台北にあるNational Taiwan University HospitalのMing-Che Kuo博士は、歩行評価システムがいくつか利用可能であることに言及した。しかし、これらのシステムは多くの場合高価であり、かさばり又は不快であり、携帯ができない。