認知症の診断ツールとしての心臓神経分布シンチグラフィ

要旨

  • 心臓のI-123-メタヨードベンジルグアニジン交感神経分布画像(mIBG)検査により、レビー小体を伴う軽度認知障害(MCI-LB)を高い精度で診断できる可能性がある。

研究の重要性

  • mIBGは、レビー小体型認知症のバイオマーカーとして確立されているが、MCI-LBでは十分に確立されていない。

  • より早期の介入を可能にし、患者の転帰を改善するためには、早期認知症を正確に診断するバイオマーカーが緊急に必要である。