機能的神経学的症状を有する小児の特徴と治療の影響

インドの新しい研究は、心因性非てんかん性発作(PNES)と心因性頭痛(PH)が、機能的神経学的症状を呈する小児で頻度が高いことを示唆している。

インドのニューデリーにあるAll India Institute of Medical SciencesのSheffali Gulati博士らは、2017年~2019年に、所属施設において、機能的神経学的症状を呈する小児(6~16歳)の臨床プロファイルの特性を明らかにする研究を実施した。

Gulati博士は以下のように主な結果を要約した: