サルコグリカノパチーの臨床的及び遺伝的特徴:欧州全体での共同研究の結果

WMS 2020で発表されたデータによると、欧州のネットワークがサルコグリカノパチーの臨床的及び遺伝的特徴を確立するのに役立っている。

「サルコグリカノパチーはきわめて稀な疾患である」と、スペイン・バルセロナのHospital de la Santa Creu i Sant PauのJorge Alonso-Pérez博士は述べた。グループとしては、肢帯型筋ジストロフィー(limb-girdle muscular dystrophy、LGMD)の最も頻度の高い原因の1つである。

サルコグリカン遺伝子SGCASGCBSGCG及びSGCDの変異は、それぞれLGMDR3、LGMDR4、LGMDR5及びLGMDR6を引き起こすことが知られている。「国際的なネットワークの発展によって、最終的にこの疾患の知識を向上させる臨床データ及び遺伝学的データの収集の拡大が可能になる」。

Ology Medical Educationは、自主的な医学教育のグローバルな提供者です。最適な患者ケアを支援する目的で、医療従事者の皆様に高品質で信頼性の高い医療情報を提供することを使命としています。過失その他により、あるいは情報媒体に記載された手法、製品、説明、若しくは理念を活用又は運用することにより生じた、いかなる人的若しくは物的な傷害及び/又は損傷についても、Ology Medical Educationは責任を負わないものとします。医学は急速に進歩しているため、Ology Medical Educationは診断及び薬物の投与量については自主的に検証することを推奨しています。記載されている見解は、Ology Medical Education又はスポンサーの見解が反映されたものではありません。Ology Medical Educationは、いかなる記載内容についても責任を負わないものとします。