パーキンソン病において臨床認知症評価法(Clinical Dementia Rating Scale Sum of Boxes, CDR-SOB)のバリデーションが行われた

米国フィラデルフィアのペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)で行われた新たな研究によると、臨床認知症評価法(Clinical Dementia Rating Scale Sum of Boxes, CDR-SOB)はパーキンソン病(PD)患者に対する認知症スクリーニングにおける高感度かつ特異的指標であることが、IPMDS 2019カンファレンスにおいて発表されました。