粗粒Aβ斑の臨床的関連の調査

専門家らは、新規の「粗粒状の」Aβ斑が早発性の症例で多くみられ、これが神経炎症性の変化及び血管変化と強く関連していることを報告した。

以前、オランダのアムステルダムとライデン及びドイツのボンの施設の研究者らは、粗粒斑の標識により新規の斑の型を明らかにした。その臨床的関連を評価するため、研究者らは、以下のAβ陽性症例を対象に半定量的方法を用いて前頭皮質におけるその存在について調査を行った。