シャルコー・マリー・トゥース病2A型に対するRNA干渉と遺伝子治療の併用

イタリアのミラノにある施設の研究者らは、2つのモデルシステムにおいて、シャルコー・マリー・トゥース病2A型(CMT2A)に対する治療に二重アプローチを採用することは有効であり、患者に対する有効な治療につながる可能性があると示唆する。