若年性認知症と晩発性認知症の比較

新たな知見によると、若年性認知症患者(65歳未満で認知症の症状がある患者)は、晩発性認知症患者に比べて認知機能障害の症状の種類は少ないが、抑うつ症状を生じる可能性が高い。