連続血圧モニタリングにより、PDにおけるtOHと有害事象との関連が明らかになる

パーキンソン病(PD)患者では一過性起立性低血圧(transient orthostatic hypotension、tOH)は古典的起立性低血圧(classical orthostatic hypotension、cOH)より一般的であるという研究者の報告があった。連続血圧(blood pressure、BP)モニタリングによって、tOHは転倒、失神及び起立不耐性のリスクと関連していたことが示された。