連続EEGがリスクのある新生児のてんかん発作予測に役立つ

AES会議で研究者たちは、リスクのある新生児のモニタリングにおいて最初の1時間で得られた連続脳波記録(cEEG)の結果は、24時間以内に発作が起きるかどうかについて「高確率で予測可能」なものであると語った。