片頭痛患者及び片頭痛の可能性がある患者における皮膚異痛症の有病率は緊張型頭痛患者より高い

韓国の母集団のサンプルを用いた研究の結果によると、片頭痛患者と片頭痛の可能性がある患者における皮膚異痛症(CA)の有病率は有意に高かった。また、CAの存在によって、片頭痛の症状の重症度が上昇し、それに関連する障害が増加した。