nigrosome 1の可視化によるPDの診断:どの画像検査モダリティを使用すべきか?

約20%というパーキンソン病(Parkinson’s disease:PD)の誤診率を考えると、特に初期では、臨床診断の正確度を向上させるために画像検査のバイオマーカーが必要である。

Clínica Universidad de Navarra(スペイン、マドリード)の研究グループは、以下の2群を対象にバイオマーカーのnigrosome 1を可視化するため、黒質の3T磁化率強調磁気共鳴画像(susceptibility-weighted magnetic resonance imaging:SW-MRI)検査と線条体の18F‐DOPA陽電子放出断層撮影(positron emission tomography:PET)検査を比較した。