パーキンソン病(PD)において指向性深部脳刺激(Deep Brain Stimulation, DBS)は従来のDBSよりも広い治療ウィンドウを有する

オーストラリア、ドイツ、ポーランド、スペイン、及び米国で実施された国際共同PROGRESS試験において、指向性刺激は、全方向刺激と比較して治療ウィンドウを41%増加させ、治療電流を39%減少させることが示されました。