PDの疾患ネットワークは非適応性又は代償性の配線反応を表すのか?

パーキンソン病(Parkinson’s disease:PD)ネットワークでは、臨床表現型がより侵襲性となる傾向のあるGBA変異型PDを有する患者では中心同類選択性が高くなるが、緩徐な進行と関連するLRRK2変異を有する患者では中心同類選択性が低くなることが、新たな研究所見から示唆される。

この結論に至ったのはファインスタイン医学研究所(Feinstein Institute for Medical Research、米国、ニューヨーク)の研究者らであり、研究者らは同類ネットワークがその無効性や脆弱性のために非適応性であるのに対して、異類ネットワークはその効率や頑健性のために代償性であると予測した。