脳卒中の重要な早期徴候として注目される「テキスト作成機能障害(Dystextia)」

AAN 2019で発表した研究者によると、「テキスト作成機能障害(Dystextia)」はいずれかの大脳半球の病変によって発症する可能性があることから、脳卒中の重要な徴候となりつつある。