長期の安静時振戦に対する早期DBSは、標準治療より有益な効果がある

新しいパイロット研究の解析によると、早期の深部脳刺激(Deep brain stimulation、DBS)により、長期の安静時振戦で標準治療に比べ最長5年間のベネフィットが得られる可能性がある。これらの結果に基づき、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)は早期パーキンソン病(Parkinson's disease、PD)を対象としたDBSの第III相ピボタル試験を承認した。