早期パーキンソン病:研究者らが2つの明確な表現型を特定

MRI拡散強調像(DW-MRI)研究の結果により、パーキンソン病患者の診断時に、それぞれ異なる予後をもつ2つの明確な集団が特定できることが示された。