広汎な梗塞の徴候を呈している、受診に時間を要した患者に対する血管内再開通治療

要旨

  • 発症から最長13.8時間で受診した広汎な梗塞の徴候を呈する虚血性脳卒中患者では、血管内再開通治療は良好な転帰と関連している。

本研究の重要性

  • 拡張治療時間枠内に受診した、広汎な梗塞の徴候を呈する脳卒中患者に対する血管内治療に関するデータはほとんどない。

  • 本研究により、診療現場で血管内治療についての知見に基づく臨床医の意思決定が可能となる。