EAN 2021のてんかんハイライト

EANのハイライトセッションでは、オーストリアのザルツブルグにあるParacelsus Medical University SalzburgのEugen Trinka教授が、てんかんに関する重要な発表をレビューした。

最初の発表は、焦点発作活動を検出する低侵襲性デバイスの使用に関するCook の研究(EPR-311)であった。頭皮の下に埋め込まれたMinderシステムデバイスにより、EEGデータが継続的に取得されて携帯電話に転送され、インターネットにより遠隔地からアクセスできる。