CAR-T細胞療法後の神経毒性評価

パリ、ナント、リヨン、モンペリエ、レンヌの各施設において実施されたフランスの研究結果により、キメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(CAR-T)療法による治療を受けたリンパ腫患者の約40%において、注入後に神経毒性が認められたことが示される。