軽度認知機能障害とアルツハイマー病における短期認知機能低下の評価

高頻度認知機能評価の一部として用いられるインターナショナルショッピングリストテスト(ISLT)法は、18ヵ月間にわたる認知機能低下を検出するのに十分な感度があることを、専門家らは明らかにした。