腸内細菌叢とADの関連を検証

新たな知見により、腸内細菌叢(GMB)の機能動態はアルツハイマー病(AD)及び神経変性の潜在的なバイオマーカーとなる可能性が示唆される。

イタリアのミラノ及びスイスのジュネーブの施設の専門家らは、認知症患者を含む、認知機能レベルが多岐にわたる高齢者72例から収集した便及び血液の検体を分析した。

塩基配列解読及びフローサイトメトリーイノムアッセイを含む様々な方法を用いて、糞便検体の細菌構成を特定し、リポ多糖(LPS)、短鎖脂肪酸(SCFA)、酢酸塩、プロピオン酸塩、吉草酸塩、酪酸塩、及び血中循環接着分子の血中濃度を測定した。