脳卒中慢性期の成人患者における認知機能の健康状態を運動により向上し得る

要旨

  • 脳卒中慢性期の成人患者では、運動により認知機能の臨床的改善が得られる。

本研究の重要性

  • 認知機能の向上及び認知症予防は脳卒中生存者に不可欠である。運動が有効な介入法であることを裏付ける質の高いエビデンスはわずかしかない。

  • 本研究の結果は脳卒中生存者に運動を推奨する取組みを強化するものである。