多発性硬化症の予後及び進行を予測するMRI上の徴候の価値の探索

ECTRIMS 2019で発表された新たな研究によって、多発性硬化症患者と関連疾患を有する患者のMRIで、中心静脈でみられる徴候(CVS)及びiron ring(IR)の意義が明らかになった。