レム睡眠行動障害とパーキンソン病における線条体外ドパミン

パーキンソン病(PD)患者では、脳の睡眠中枢における線条体外ドパミン受容体の可用性と、急速眼球運動(REM)睡眠行動障害の間に関連がある可能性があることを、研究者らが見出した。