疲労が多発性硬化症の主要制限因子であることを確認

全国医療経済学研究から得た予備的結果によって、疲労は多発性硬化症患者の仕事及び自宅での活動との関わりを制限する主要因子であることが確認された。