遺伝子解析がぶどう膜-髄膜症候群を有する10代の診断に洞察を与える

ヒューストン(米国、テキサス州)の研究者らによると、ぶどう膜-髄膜症候群を有する16歳女児を診断する際に、遺伝子解析によって重要な鍵が判明した。