アルツハイマー病の遺伝的リスク因子はパーキンソン病における認知機能低下も予測する。

AAN会議で発表された新しい研究結果によると、アルツハイマー病のリスク増加と関連するものと同じ一塩基多型(SNP)がパーキンソン病患者の認知機能低下と関連する。