高齢患者における神経膠芽細胞腫:専門家による調査は評価を明確にする必要があることを明らかにした

標準化された評価の欠如に加えて、治療不十分が高齢の神経膠芽細胞腫患者に見られる予後不良の一因であることを、研究者らは示唆した。

英国と米国のがんセンターの専門家らは、Society for Neuro-Oncologyグループのメンバーに記入してもらうための無記名のオンラインアンケートを作成した。このアンケートでは、70歳以上の新規神経膠芽細胞腫患者の評価について尋ねた。神経膠芽細胞腫は成人で最も頻度が高い原発性悪性腫瘍である。