リンパ腫患者におけるCAR-T治療と関連する高頻度の神経毒性

CAR-T治療を受けたリンパ腫患者の縦断的研究により、高頻度の神経毒性が明らかになった。このことは、治療注入の前と注入後に繰り返し患者の神経学的評価が必要であることを明確に示している。フランスの研究者らは、神経毒性の早期発見やその管理を改善するために、ガイドラインが必要であることを示唆する。