AES 2020バーチャル学術集会のハイライト

米国てんかん学会の主要メンバーは、今年度の学術大会から最も興味深く重要であると思われる発表についてNeurodiemで取り上げた。

AESのVice-PresidentであるEd Hogan医師は、予期せぬ突然死(SUDEP)の大規模な米国レジストリ解析を選出した。研究者らは、乳幼児及び小児100,000生産あたりの死亡率は0.26であると報告した。これは、これまでの報告よりも高いものであった。

Hogan医師は次のように述べた。「てんかん発作は、SUDEPなど複数の原因による高い死亡率を含む数多くのリスクを伴う。 この研究は0~17歳の小児患者でのSUDEPのリスクに焦点を当てており、増え続けつつある、てんかんにおける死亡率を大きな懸念事項とする文献を増長させるものとなる。