焦点性てんかん小児患者でしばしば見落とされる非運動発作歴

運動発作により救急科(ED)を受診した焦点性てんかん小児患者では非運動発作(NMS)の既往が認識されない場合が多いことが、新たな研究により示唆されている。