運動中のホルモン産生は記憶及び認知の向上を説明しうる

イリシンは、身体運動はどのように記憶と認知を改善するかを説明しうるものであることが、新たな研究によって示唆される。

孤発性アルツハイマー病(AD)は、遺伝子、環境要因、そして生活様式の複雑な相互作用によって引き起こされる、とクイーンズ大学(カナダ、キングストン)及びリオデジャネイロ連邦大学(ブラジル、リオデジャネイロ)のFernanda De Felice医師は述べた。

遺伝子的要因に対する介入は通常不可能であるが、社会的・生活様式的要因は健康の転帰を改善し健康的な老化を促進するために介入が可能である。