高リスクのパーキンソン病患者の同定はいかに最適か

クイーン・メアリー大学(英国ロンドン)の研究者らは、パーキンソン病(PD)と周知のリスク要因だけではなくてんかんや早発初経との関連について強力なエビデンスがあり、また糖尿病にもPDにおける遺伝的リスク依存作用が認められると報告した。

グループは、英国のバイオバンク(大規模な健康関連データ)を使用し、独立したPDの診断と環境リスク因子および前駆症状の特徴との関連について系統的に調査を行った。