併存疾患により、てんかん重積状態の入院患者の死亡がいかに予測されるか

糖尿病、肝疾患、腎疾患などの併存疾患と加齢は、てんかん重積状態の一次診断を受けた入院患者の死亡の有意な予測因子であることを研究者が発見した。