移動型脳卒中ケアユニットは脳卒中患者のトリアージに対して従来の管理より役立つか?

EAN 2020で発表された、研究のあらかじめ計画されていた中間解析では、移動型脳卒中ケアユニット(MSU)を使用したトリアージにより脳卒中症例の100%で的確な意思決定が可能になり、一方、最適化された従来型の管理(OPM)では70%であったことが示された。