髄膜腫の診断が及ぼす1年後の患者の生活への影響

スイスのチューリッヒ大学及び大学病院の研究者等により、髄膜腫と診断された患者において、失業状態と身体障害の有意な増加と収入の有意な減少が報告された。