神経膠芽腫は腫瘍微小環境にどのように適応するか

癌幹細胞(CSC)は、神経膠芽腫の表現型の不均一性にとって重要で、これにより腫瘍が進行することが確立している。しかしCSCは安定的なものであるか(独自の性質を有するクローン亜集団であるか)、あらゆる癌細胞が変化する可逆的な細胞状態であるかは明らかにされていない。ルクセンブルクとドイツで実施された新規の研究により、表現型の不均一性がそれらの内因性の可塑性の結果であることが示唆される。