神経膠腫患者の早期臨床試験への登録に際して、分子プロファイリングはどのように有用か。

EANO 2019での新たな研究結果の報告において、フランスの医療センターの研究者らは、登録患者選択の指針として分子プロファイリングを用いることは、実現可能であると同時に、被験者の臨床転帰にとって潜在的な利益をもたらすと提言している。