上肢運動タスクおよび画像所見の改善は神経可塑性が進行型多発性硬化症で保たれていることを示している

進行病期の進行型多発性硬化症(PMS)患者において、リハビリテーション後の上肢運動の改善はMRIによって評価した機能的結合の改善と相関することが新しいデータにより示された。